ブレゲー14 郵便機

(Bregute14)

「星の王子様」で有名なサン・テグジュペリが、1927年からサハラ砂漠の中継地キャンプ・ジュビーで飛行隊長として勤務していたとき主力として使われていた飛行機。

地味な飛行機と思っていましたが、確かに地味です。しかし出来上がってみると飾り気がないところがいい。サイのような排気管が特徴。翼間支柱が8本もあり、上下の翼を付けるとき根気が試されますが、出来上がると意外と丈夫です。

​仕上がりは155mm、縮尺は約1/100

作り方はブログのカテゴリー「フランスの飛行機」に格納されています。

ボタンをクリックすると

MEGA(オンラインストレージ)から

PDF型式の展開図をダウンロードでます。

ブレゲー14 旅客機

(Bregute14T)

旅客機タイプは胴体を改良し、エンジンと操縦席の間に2名の乗客を乗せることができた。郵便機には後付けの貨物用コンテナがついていたが、旅客機にはガソリンタンクが付いている。

​窓もくりぬいてセロテープなどを貼るとそれらしくなります。

​仕上がりは155mm、縮尺は約1/100

作り方はブログのカテゴリー「フランスの飛行機」に格納されています。

ボタンをクリックすると

MEGA(オンラインストレージ)から

PDF型式の展開図をダウンロードでます。

​やめる

​もとにもどります

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now